オレンジティーの『お出かけするねん♪』

子連れ家族のお出かけ・買い物・お得・節約情報ブログ〜大阪・関西〜

スポンサーリンク

カップヌードルミュージアムにお出かけ♪【大阪・池田】【雨OK・無料スポット】

こんにちは!オレンジティーです(*'▽')

 

日曜日に大阪の池田市にあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。

ここは駐車場が23台あるのですが、すぐに満車になると有名なので、早めに行きました。

 

ミュージアムが9:30~16:30なので開店と同時に行こうと思い、9:35に着いたのですが・・・

全く停めれませんでした。多分惜しくもなかったです。

 

よく見ると、駐車場は8:30から開いているようです。停めようと思えば、開店前から入庫しておかないといけないのでしょうね。。。それはそれで待つの退屈ですが。

因みにミュージアムの駐車場は60分300円です。

 

仕方なく、近所の有料パーキングに停めることにしました。

5分程度歩けば逆に近所の有料パーキングのほうがやすいです。(表通りは高いですよ。)

私が停めたのは徒歩5分位のパーキングで1時間200円です。

 

 

このあたりは3カ所1時間200円のパーキングが固まっており、うち1カ所はダイエーと提携している自走式立体駐車場で大きいです。

 

カップヌードルミュージアム

f:id:osaka-family:20190317173921j:image

5分歩いてきてやっと着きました。

この日は帰りが雨だったのですが、晴れていれば苦になる距離ではないです。安く済ますなら、近所の有料パーキングでもいいと思います。


f:id:osaka-family:20190317173958j:image

安藤百福像。偉大な人やったんですねぇ。

一家に一袋くらいはチキンラーメンかカップヌードル常にあるもんねぇ。


f:id:osaka-family:20190317173816j:image

結局、9:50位の入館になりました。

入館料は無料です。


f:id:osaka-family:20190317173902j:image

マイカップヌードルミュージアムです。

1階と2階に分かれていてここは2階です。

自分オリジナルのカップヌードルを作れます。

子供でも作れますよ。


f:id:osaka-family:20190317173952j:image

10時位に列に並び始めてカップを買うまで15分位かかりました。

1個300円です。遊んだり思い出になると思ったら安いです。

後で食べれますし(笑)


f:id:osaka-family:20190317173755j:image

手を入れると霧のようなアルコール?(消毒)が出てきて手もみします。


f:id:osaka-family:20190317173807j:image

席について、早速絵を書きます。


f:id:osaka-family:20190317173858j:image

絵を書いたら、中に入れるスープと具材を選びます。

組み合わせが5460通りあるようです。

でも同じ組み合わせになる人多そう(笑)

 

私はシーフドヌードルの

インゲン、タマゴ、コーン、ひよこちゃんナルトです。

無難ですね。。。( ̄▽ ̄)

 

麺や具材を入れるまで20分位並びました。


f:id:osaka-family:20190317173929j:image

麺は上から入れるのではなく、容器を上からかぶせるのです!!!

これ大事みたいですよ。


f:id:osaka-family:20190317173841j:image

具材がいっぱい


f:id:osaka-family:20190317173918j:image

こっちも。

ひよこちゃんナルトかわいい。

特選具材は、バジルの謎肉らしいです。いつも入ってるコロ・チャーも私の中では既に謎の肉ですけどね。


f:id:osaka-family:20190317174001j:image

蓋をして



f:id:osaka-family:20190317185936j:image

 

ビニールをかぶせて温風で縮めてラッピングします。


f:id:osaka-family:20190317173829j:image

風船みたいな、持ち帰り用梱包材に入れてできあがり!

始めるまで15分、絵を描くのに30分、具材入れる列待ちで20分なので約1時間位かかります。

開店後、30分位で並んだんですが、遅くに来るともっと行列になっていると思いますよ。


f:id:osaka-family:20190317173819j:image

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した研究小屋の再現のようです。

f:id:osaka-family:20190317173759j:image

中は、普通の台所のようです。


f:id:osaka-family:20190317173848j:image

壁際に、チキンラーメンとかカップヌードルの歴史がわかりやすく展示されています。


f:id:osaka-family:20190317173803j:image

今と値段あんまり変わりませんね。

高価な食べ物だったんですねー。


f:id:osaka-family:20190317173915j:image

最高の栄養??

完全食??

当時の食文化があまりよくなかったのが想像できますね。

 

今のほうがある意味悪い食文化かもしれませんが( ̄▽ ̄)


f:id:osaka-family:20190317190324j:image

 

カップヌードルの下のほうは空洞になっているのみんな知ってました??


f:id:osaka-family:20190317173836j:image

昔の自動販売機。

懐かしー。

 

いや、私こんなん見たことないわ。でもなんか懐かしさを感じますね。


f:id:osaka-family:20190317173822j:image

シアターでは15分程度のカップヌードルができるまでのお話しを見れます。


f:id:osaka-family:20190317173826j:image

こっちはチキンラーメンファクトリー。小麦粉をこねたり本格的に作ります。小学生以上で90分のコースみたいです。カップヌードルは予約不要ですが、こっちのチキンラーメンは予約できます。


f:id:osaka-family:20190317173938j:image

インスタントラーメンの歴史。

チキンラーメンが1958年~


f:id:osaka-family:20190317173934j:image

カップヌードルが1971年~

出前一丁とかカップヌードルより昔からあるんですねぇ。


f:id:osaka-family:20190317173845j:image

 

これが今売っているもの!


f:id:osaka-family:20190317173943j:image

振り返ると、インスタントラーメンの歴史ってなかなか奥深いです。めっちゃ種類あります。


f:id:osaka-family:20190317173926j:image

クイズで遊べるコーナーです。

5問中4問正解で記念品がもらえます。

 

f:id:osaka-family:20190317174005j:image

私は、大人げなく本気でして満点でした!

チキンラーメンのメモ用紙貰いましたよ(^^)/

 

あと余談ですが

NHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインのモデルは安藤百福の妻の安藤仁子(まさこ)で、ドラマは仁子の生涯をベースにしたフィクションです。

カップヌードルミュージアムでは、フィクションではなく、リアルな安藤仁子の企画展がありますよ。企画展は2019年8月31日まで開催期間が延長され、この期間中はテイスティングルームは使用できません。(カップヌードルなどの定番や地域限定の商品を自動販売機で買ってその場で食べれるスペース)

 

カップヌードルミュージアムは無料の割に結構楽しめました。

ただ、ここまで人気なのはよくわかりません。

大阪在住で昔から来ようとは思ってはいましたが、混んでいるイメージがあったのでなかなか来なかったんです。実際、結構混んでいたので、次来るのは平日休みの日にふらっとくる感じかな。

 

あと、外国人の方が多かった気がします。欧米ではなくアジア系の人。韓国、中国の方もいたんですが、それ以外の国の人もいました。どこの国かはわかりません。

それほど、インスタントラーメンの発祥の地ってのは偉大ってことなんでしょうね!

 

そんだけ!ほなまたね(^^)/